2015年12月07日

日本SFコミュニティについて考えること(その6)

(その5からの続き)

【メタ道徳】

 ここまで、日本SF作家クラブやSFコミュニティでしばしば問題として議論されるようなことの多くは、集団内部の視点と外部からの視点の擦り合わせがうまくいっていないことに原因があるのではないか、と言う話をしてきた。そしてこれはもともと解決が難しい問題ではあるが、ひとりひとりの小さな努力によって改善できる可能性もある、と建設的な意見も述べてきたつもりだ。
 このような文章を書くことは、私にとっても非常にリスクがある。個々の文意にはとうぜん反論も出るだろうし、こうした文章を書くことで「瀬名はトラブルを抱えているらしい」「瀬名はめんどくさい奴だ」と思われて、結果的に作家生命を縮める可能性があるわけだ。
 それでも誰かが書いておいた方がよい文章だと思っているから、書いている。
 内部で話し合うべきことと、みんなで話し合ってよりよい社会づくりをしたほうがよいことがある。そこの区別はつけているつもりなので、繰り返すがどうか刹那的な反応はなさらず、できれば何度か読んでいただきたい。

 ここから先は、日本SF作家クラブだけの話ではなく、SFコミュニティ全般について思うことを述べてゆく。いままで他人のことだと思っていた方も、ひょっとしたらこれは自分にも当て嵌まるのかも、というところが出てくるかもしれない。動揺が大きくなる可能性がある。
 だが、私はここであなた自身を直接批判したりしているわけではなく、コミュニティ全体の構造の話をしているのだということを、どうかご理解いただきたいのだ。
 読んでうんざりする、しんどい、というご意見もあるだろうが、最終的には多くのSFファンの方々に建設的な気持ちになっていただくことを目的としている。いったんは問題を見つめないと、次の行動には移れないと思うのだ。


 SFの世界では「SF」の精神性と「おたく」の精神性を取り違えていることが多くの問題の原因ではないか、と先に記した。これは私の直感に過ぎないのだが、たぶんそんなに外れていないのではないかという気がしている。
 ここで私は、「おたく」そのものを何か批判したいわけではないのだ。たんなる「おたく」ではなく、「おたく」の精神性、という表現を採っている。
 人間の気質について語るのは非常にデリケートな問題で、もちろん断定的に何かを言うのがまずいことは充分に承知している。ただ、人間の本性に関する科学的研究というのはいろいろとおこなわれており、とくに最近は人間の道徳観と絡めて興味深い知見がいくつも出てきている。これはいま世のなかが非常に生きにくくなっていて、とくにウェブや交通機関の発達で異分野と接触する機会が増え、視点の齟齬の問題が日常的にも起こっていること、またそうして社会がグローバル化しているように見えるにもかかわらずテロや政治問題などが次々と起こって、なぜ人間同士がこんなにもわかり合えないのか、と考える機会が増えてきていることもあるように思われる。いままで内輪でやっていたことが外部と接触することで問題が表面化してしまう、という事件も目立っているようだ。
 本来SFは、こういう問題にも向き合うのにふさわしい表現形式であったと思うのだ。しかし現代のSFは、なかなかそこへずばりと切り込めていないように感じられる。伊藤計劃さんの作品が読まれていることの一部にはそうした背景もありそうな気がしている。
 まあ、あまり話を大きくしてもどうかと思うので、SFコミュニティの話を。

 かつてSF分野では、よく「相対化」「笑い」ということがいわれていた。
 見解の異なる集団があって、そこでいざこざが起こっている。それを「相対化」し、「笑い」として表現する、という作品群は、確かにSFの一時代の特徴であったように思う。
 それでいまの時代、この手法は少なくとも実社会で問題解決を図るにあたって、そろそろ限界を迎えているのではないか、という気がしているのだ。SF作品としては成立しても、SFコミュニティの問題を解決するには、この方法ではもうだめなのではないか。
 たとえば、SFコミュニティには構造的な問題がある、という話になったとき、ウェブ上で議論がどのような経緯を辿るか、よく見ているとわかる。何となくパターンがあるように感じられる。問題提起があって、最初の数日はそれなりに建設的な意見も出るが、やがて野次馬的な反応が広がって収拾がつかなくなり、一方で外部から「これだからSFは」などと短絡的にいわれるようになると、SFコミュニティの一部からわざとふざけたような発言が相次いでくる。「相対化」「笑い」で自己防衛を図るかのようだ。緊張に耐えられなくなって笑う、という状態に似ているような気がする。相対化ができているということは、《私たち》と《彼ら》の視点が異なるということは理解できているのだ。しかしそこから先、「笑い」に持ってゆくことで、問題解決へ向けての努力は放棄されてしまう。実社会ではこれが繰り返されると徒労感が募ることになる。議論しても先へ進んでいないじゃないか、という気持ちになるのではないだろうか。
 そして申し訳ないが、こういうときにSFコミュニティから出てくるギャグは、本当につまらないのだよ。笑えないのだよ。内輪の感じが滲み出てしまっているようで、なんだか私は残念な気持ちになる。「SF」の精神性と「おたく」の精神性の取り違え、ということの一例だと思う。

(その7に続く)
posted by Hideaki Sena at 14:47| 仕事

日本SFコミュニティについて考えること(その5)

(その4からの続き)

 堀晃さんの『太陽風交点』(徳間文庫)の巻末に、小松左京さんと筒井康隆さんの連名による、日本SF大賞設立についての趣意書が掲載されている。すべてのSFファンはぜひこの文章を再読してほしいと思うくらいだ。どのような想いで日本SF大賞がつくられたのかが本当に熱く伝わってくる、とても素晴らしい文章だ。
 SFのプロたちが、本当に優れた作品を選ぶのだ、という気概が伝わってくる。当時の会員数は40数名だったようだ。そのほとんどから投票があった、と記されている。
 では近年の投票数はどうだろうか。私が会長だったとき、会員数は230数名だった。そのときようやく投票者人数は、広報担当や事務局の努力のおかげで、第一回のときと同じくらいに戻ったのだ。
 投票自体に不正はないと断言できるが、もやもやとした印象が残る大きな理由のひとつは、各会員の投票内容が明かされない、ということにあるのだろう。
 日本SF大賞の後に設立された顕彰では、たとえば本格ミステリ大賞のように、会員の投票内容がすべて公開されるものがある。たんにタイトルを挙げるだけはなく、投票コメントも書くことになっているようだ。本当はこのようなかたちならすっきりするのだが、日本SF作家クラブは投票内容を公開していない。私は会長だったとき、なぜ公開しないのかと聞いてみたこともあったが、会員のプライバシーに配慮するとかいった回答以外には、これといった明確な答えがなかったように思う。たぶん慣習でそうなっているに過ぎないのだと思う。
 だが実際に会長の立場になって投票を見ると、このままではとても公開できないな、と思ってしまったのも事実なのだ。多くの会員は何作も投票できるほど作品の読み込みもしていないのではないかと思えた(投票にコメントを書く必要はなく、タイトルだけ挙げればよかった)。スポンサーからお金を出してもらってこれか、というがっかり感は、確かにあった。
 なるほど、投票や選考の過程で不正はないかもしれないが、もう少しまともに運営できないのか、とは思った。これではスポンサーが離れていってしまうのも仕方がない、と感じた。
 もっとも、私だってきちんと毎年5作を投票していたわけではない。会長になる前は投票していなかったし、海外SFが好みの会員なら国内作品を5作挙げるだけでも大変だ。
 つまり、プロである会員たちに、まずSF作品に親しんでもらう、その仕組みを考える必要がある。少しでもその年の話題作を見たり読んだりしてもらうための雰囲気づくりが欠かせない。なんともはや、という感じだが、これが重要な課題であった。プロ作家はつくり手としてのプロなのであって、必ずしも読み手としてのプロではない。ここは小松左京さんの理想が高すぎたところなのかもしれない。

 一般からの信頼をより得てゆくためには、外部の視点へ開かれた団体であるとアピールするために、いずれは会員の投票内容を公開するシステムにするのがよいと思うが、私個人はあれこれいうつもりはない。
 少しずつ投票者数は増えてきているようで、よいことだと思う。選考システムも改善されてきているようであるし、SFファンは継続してよく見守りながら、ときに意見や要望もクラブに伝えながら、応援してゆけばよいと思う。

 実際の日本SF大賞は、たまたま著名な作家らが最終選考委員をやっていて、たまたま著名な企業がスポンサーについているというだけで、実態としては「○○町内会SF大賞」とさほど変わらない、ともいえる。だが多くの人は日本SF大賞をすごいものだと思っているし、新聞でも報道され、帯にもでかでかと煽り文が載り、多くの作家らはいまなお憧れを持っているはずだ。
 日本SF大賞を運営するなら、やはりクラブは責任ある団体としてふるまわなければならないのだと思う。クラブやSFコミュニティへの批判は燻っているがそれはごく一部の人のせいであって、大多数は無関係ですよ、と言う人がいるのはわかるが、そのロジックを日経「星新一賞」を受賞した小学生の前でいえるのだろうか。恥ずかしい団体として生きていけばいい、といった会員のコメントがTogetterにあったが、それは本当に親睦だけをおこなう団体の会員ならもっともな発言かもしれないが、開かれた側面を持ち続けたいのなら「恥ずかしい団体として生きていけばよい」よりも「少なくとも外から見られて恥ずかしくない団体でいよう」と言う方が、より多くのSFファンから賛同が得られるのではないだろうか。
 つまりここでも内部の視点と外部の視点の齟齬、ということが問題の根本にあるように思えるのだ。
 本当は、旧来のSFコミュニティとは無縁のSF顕彰やSF団体が世のなかにもっとあってもいい。いくつかの価値観が並存すれば自然と棲み分けもできてくるし、不満のガス抜きにもなるからだ。日経「星新一賞」はそのようになる可能性を秘めていたが、まあね、そのようにデザインするのはやはり難しかった。

 ここでまた休憩。もう少し続く。かなり疲れたのでいったん時間をおきたい。

(いったん休憩。その6に続く)
posted by Hideaki Sena at 01:53| 仕事

日本SFコミュニティについて考えること(その4)

(その3からの続き)

【親睦団体】

 さほど深刻ではない話題を少し差し挟みたい。たぶんこの項目は、多くの人にご賛同いただけるのではないかと思う。
 しばしば議論の焦点となることとして、はたして日本SF作家クラブは「親睦団体」なのか、という点がある。
 会則第一条に「親睦団体」と入ったのはそんなに古いことではなく、かつて大きな改定があったとき(山田正紀さんが会長だった時代)だと認識している(たぶん正しいと思うが、間違っていたらごめんなさい)。なぜこの文言が入ったのかは定かではなく、この文言が吟味された形跡も私自身は見つけられず、まあこれでいいやとなって入ったのだろう、というのが私個人の見解だ。
 よく日本SF作家クラブの体質がどうこう、とか、団体としての責任は、という話になったとき、「日本SF作家クラブは親睦団体であって、権威や利権など関係ない」という主旨の反論がしばしばなされる。Togetterでもそのように発言している会員がいる。だがこうした言葉が空しく響くのも実際のところではないだろうか。
 まず、本当に会員は「親睦」しているのか、という根本的な疑問。率直にいって、200名もの全員が全員、仲がよいということはないだろう。クラブ内でさらにいくつか仲のよい小集団があるが、全体としてはさほど仲がよいわけでもなく(ぎすぎすしているわけでもないが)、親睦を積極的に深めようとする雰囲気もなかった、というのが私の印象だ。個別にはいろいろ思うこともあったが、まああまり社会全体として重要な話ではない。いまは雰囲気も変わっているかもしれない。
 一方で、合議が難しい、というのは強く感じた。個人個人を尊重するあまり、多数決で物事を決めるということがなかなかできない。個人主義の社会だといえるのかもしれないが、何かを決めようとするとき「私の考えを無視するのか」と誰かが言い出せば決まらない、ということがありうる。だからなるべく現状維持でやり過ごそうとする。結果、重要な問題がずっと放置されたまま、次世代へ受け継がれてしまう、という構造上の問題がある。これはSFコミュニティの特徴のひとつだ。
「利権」は本当に存在するのだろうか。仲のよいもの同士でSF関係の書物を出版する、ということはよくあるようだ。ただし先にも書いたように、SF業界はもともとファンダム出身者が多く、友達感覚と仕事感覚の境界が曖昧なところがある。どこまでがOKで、どこから先は道徳的に問題がある、と線引きするのが難しいのだと思う。
 ただ、どのような形式であれ、そこで本が出版されたり、イベントが開催されたりするのであれば、業績が発生する。この業績がその会員の本業の業績に繋がったり、金銭や名誉が発生したり、ということもあるだろう。こうなると倫理的によいかどうかの判断は難しくなる。この文章でも個別に話を進めてゆく。
 日本SF作家クラブは、ときおり「後援」や「協賛」というかたちで、外部のイベントに協力することがある。宝塚市立手塚治虫記念館や世田谷文学館の展示会、日経「星新一賞」、などがこれにあたる。
 こうしたとき、金銭的な恩恵が発生する場合がある。宝塚市立手塚治虫記念館の展示会のときは、会員はコースターにメッセージや絵を書いたら入場料がただになる、という取り決めになっていた。これは厳密にいえばクラブ会員が利得を得ているわけだ。
 どうして親睦団体のクラブが外部イベントの後援や協賛に名を連ねるのかということだが、「なぜ私(たち)に何のことわりもなくSFのイベントをおこなうのか」という不満がクラブ内部から出てくる可能性をあらかじめ防ぐため名前を使っていただいている、ということなのだと私は思っている。会員のプライド、自尊心を満足させるための措置だと言うことである。ここは会員によって見解が分かれるところだと思う。そうではない、という人もきっといるだろう。必ずしも本当にそういうクレームや愚痴を言ってくる人がいるわけでなくても、「後でもめ事になりたくないから」という理由で先手を打ちたいと考える人がクラブ関係者や業界から出てくることは実際にある。判断が難しいところではある。
 50周年記念プロジェクトの刊行物が、むしろふだんSFをあまり出していない出版社からよく出ていたのをお気づきになった方もいることだろう。そうした出版社は純粋に、著名なSF作家が集まるクラブと一緒に仕事ができるのは光栄です、とおっしゃって、企画を実現してくださったのだ。日本SF作家クラブという名前にはステータスがある。これは事実だ。逆にクラブの実情(?)をよくご存じの出版社からは渋られることが多かった。ここは私の実感である。
 日本SF大賞も、スポンサーを得て運営がなされてきた。社会的なお金が動いているわけだ。そうした部分を脇へ置いて「私たちは親睦団体です」というのでは、ダブルスタンダードだといわれても仕方がない。会長職に就く者は、ここで強いジレンマを抱えることになる。内部向けの発信と、外部向けの発信を使い分けなければならず、どちらの発言にも誠実であるためには、自分のなかだけで矛盾を消化するより他に道がない。とてもストレスのかかる立場だ。
 本当に親睦を趣旨とする団体だと言いたいのなら、日本SF大賞などやめて、外部と接触することなく、ただ会員同士で親睦だけをしていればよい、と私自身は思う。顕彰も会員同士でやりとりすればよいことのように思える。でも実際はそうではなくて、小松左京さんがかつて夢想したような、SFのプロ集団として責任ある団体でありたいという想いも残ってしまっている。ここが多くの問題を生み出しているところであり、つまるところ多くの会員が小松さんの理想に追いつけなかったことが、それらの問題の主たる原因だと私は思うのだ。
 あるときは「私たちは親睦団体です(だから社会的責任とは無関係です)」といい、一方では「日本を代表するSF団体だ」というような世間からの誤解を放置して顕彰や協力協賛をおこなう。少なくともそのように見えてしまう。これが一般読者からの主たる不信感の原因であるように思える。この部分は多くのSFファンも納得していただけるところではないか。
 科学研究の世界でも似たようなことがある。研究者自身は、うそをついていない。しかし研究機関としては大規模予算を取りたい。だからメディアが「夢の研究」と言ったような感じで肯定的に報道するのを、つい放置してしまう。自分たちはうそをついているわけではない、メディアが勝手に想像を広げて報道しただけだ、というスタンスを取りたがる。これで混乱したのがたとえば初期のiPS細胞報道だと思うが、どこかで歪みが出てきてしまう。「正確な情報を」と苦言を呈する研究者はよくいるのだが、それが「自分たちにとって都合のよい情報を」であってはならないのだと私は思う。

(その5に続く)
posted by Hideaki Sena at 01:52| 仕事