2015年12月08日

日本SFコミュニティについて考えること(その13)

(その12からの続き)

 ここまでは、印象論ではありながら、SFコミュニティの人たちにわりとよく見受けられると思える傾向と、そうした傾向から出てきているのではないかと思えるゴシップやうろたえ、誰かをパージしようとする動き、傍観者効果、といったことについて書いた。
 こうした傾向や特徴については、もしかすると今後、社会心理学や脳倫理学がさらに発展することで、より深い議論ができるようになるかもしれない。日本SF大会の参加者に道徳基盤のアンケート調査をやったら面白い結果が出てくるかもしれないと思う。そうした研究成果が集まれば、SF社会も少し変わるかもしれない。私は自作のなかでメタファー≠ニいうガジェットを登場させたことがある。人々の道徳観が社会のなかでどのように動いてゆくかを予測し、可視化するシステムだ。人工知能の研究は、いずれ遠からずそのようなことをやるのではないだろうか。

 あとふたつ、書いておかないといけないことがある。ひとつは、こうした道徳部族的な傾向とは別に、ごく一部の人に見られる攻撃的な行動だ。それは「おたく」の精神性そのものとはたぶんあまり関係がない。たまたまその人はSFコミュニティ内の人かもしれないが、あくまでもそれは個人のことになる。
 そしてもうひとつは、たぶんこれがいちばん深いところだと思うのだが、「おたく」の精神性が人間の弱さと結びついてしまったときに生じる、深刻な衝突だ。
 何度も書いてきたように、私は「おたく」の精神性そのものに何か本質的な問題があるとはまったく思っていない。世界観の齟齬は生じるが、それでも私たちは相互理解が可能だ。《私たち》対《彼ら》のメタ道徳を実践することはできる。
 しかしそこに過剰なプライドや、自己愛、甘え、といったものがくっついてしまうときがあって、それが「おたく」の精神性、ひいてはオーバーラップしたその人の「SF」環世界にも影響を及ぼしてしまうと、その人間的な弱さがあたかも「SF」の精神性だとその人のなかで錯覚されてしまう。そうしたときに強い軋轢が生じ、現場で問題が顕在化してしまうのではないだろうか。

(その14・最終に続く)

揚げ足取りにはつきあわないから、「SF者」の部分は消したよ。

【2017/10/2追記】
 もともとは本文中に「SF者」という言葉を出し、それに(エスエフもの)とふりがなをつけておいたのである。するとこのエントリーを読んだ(それなりにSFファン界隈で名の通った)読者から、長々と読んだがとりあえず「SF者」を「エスエフもの」と読むということはわかった、などといった旨の揚げ足取りがツイッターでなされたのであった。一部の古参SFファンは「エスエフしゃ」と発音するようである。ただし私は誰かがそう発音している現場に出くわしたことはない。
 以下のブログ記事が興味深く、また典型的な例であると思うので紹介しておく。コメント欄に注目されたい。このブログ記事執筆者は、WIという人の指摘の内容がまったく理解できていないのである。指摘が理解されず擦れ違っているという事実そのものが、この問題の奥深さを示している。
http://blog.goo.ne.jp/kats-takami/e/ef55b1e05ac629fa794894e1f5b8928c
posted by Hideaki Sena at 19:32| 仕事