2015年12月08日

日本SFコミュニティについて考えること(その12)

(その11からの続き)

【未来を創る】

「おたく」の精神性のなかには、実証的にどうだと言えるわけではないが、印象として「こんな傾向や特徴はあるんじゃないか」と思えるような部分がある。
 繰り返すが人の気質について語るのは難しいところであって、決して断定的に何かを言ってはいけないと思うし、それで雑に他者を批判したりすることも避けなければならない。そうではなくて、私がここで言いたいのは、むしろ印象論だとわかった上で、それでもこんなふうにふだんから気をつけることはできるじゃないか、これなら自分でも参加できると、ひとりひとりが思って実践できたならそれでよいということなのだ。
 そうした部分で少しずつよくできることはある。
 ひとつは、噂話、ゴシップだ。SFコミュニティのなかには、噂話、ゴシップが好きで、野次馬的に刹那的な行動を取ってしまう人がわりと多いような気がしている。どこかで罵り合いがあると、わくわくしながら注視して、その場のコメントをツイッターや匿名掲示板に書き込んだりする。
 以前のブログ(削除済み)でも紹介したが、クリストファー・ボーム『モラルの起源』(紀伊國屋書店)では噂話について面白い仮説が展開されている。私たちヒトはもともと小規模狩猟採集民であり、小さな社会のなかで物事がうまく進むよう道徳は進化してきた。このような小さな共同体だと、集団の安全を守るために噂話がよく発達したのではないか、とボームはいう。小さな集団で生活するなら、誰かひとりでも外れた行動をすると、集団全員が危険にさらされてしまう。だからみんなが同じように考え、行動することが求められる。
 そしてこうした小共同体では、集団にとって危険と思われる人物の情報を素早く共有し、村八分にするために、噂話が効果を発揮するというのである。
 なるほどと思える見解で、実際にいまでも小さなコミュニティでは、このようなことがよく見受けられるのではないだろうか。
 先にも書いたように私の印象だが、SFコミュニティの人たちはわりと共感性が高いように思える。仲間同士で集まりやすい。いったんどこかに方向性を決めたら、みんなで揃って力を発揮できるというよい面もある。東日本大震災のとき、日本SF作家クラブが募金を呼びかけ、わずか数日のうちにSF作家やSFファンから100万円以上が集まった。新井素子会長と井上雅彦事務局長時代の快挙とも言える出来事だったが、SFコミュニティのみならず広くSFファンの共感性が発揮されたすてきなシーンだったと思う。
 しかしこの共感性は、あるときは誰か集団内で都合の悪い人が出てきたらいっせいにパージする、という方向に進んでしまうかもしれない。
 噂話は仲間の絆を強め合う。野次馬的にどこかの現場に集まって、互いにあれこれ言うのは楽しい。やはり実証的ではないしそのような研究例があるかどうかわからないが、これも共感性の作用のひとつかもしれないと私は感じる。しかし、他人の火事を見てあれこれ話すのは楽しいが、これが自分のことだったらどうだろうか、本当にここで騒ぐことはよいことだろうか、というエンパシー能力は、あまり発揮されていないように思えるときもある。
 そして「騒ぎ」がいざ自分たちの身に降りかかると、ついおたおたしてしまう。世間からの注目が強いストレスとなって、ふだんならやらないようなことをやってしまう。どうしよう、と仲間同士でメールし合い、そうしたうろたえたやりとり自体が「騒ぎ」のもとになってしまう。緊張に耐え切れず何か言いたくなって持論を公表し、混乱に拍車をかけてしまう。問題の根本的な解決を図ると言うより、「騒ぎ」を起こした人物を特定し、その人をパージすれば平和が戻るのだとつい考えてしまう。
 誰かが正しいと思えるようなことをいっても、もめ事に巻き込まれるのは面倒だからという理由で沈黙し、関わらずに生きてゆくという選択肢が採られがちになることもあるかもしれない。だがみんながこれをやると、事態は深刻になる。
 日本心理学会監修『思いやりはどこにあるの?』(誠信書房)にも紹介されている有名なケースがある。ある女性がアパートの前で暴漢に襲われた。女性は助けを求める叫び声を上げた。アパートの住人たちの多くがその声を聞き、事件の現場を見ていたにもかかわらず警察への連絡をせず、女性は殺されてしまったという実際の事件だ。一般に人助けが求められているとき、周りに人が多くいるほど人助けが起こりにくくなる。これが傍観者効果だ。
 傍観者効果は「個人的責任の度合いの判断」モデルとしてよく引用されている。STAP細胞事件のとき、この件について公の場であれこれ話すなという上司からの口止め要請が理系社会のなかで実際にあったという話もあるが、そうした要請がなくても結果的に傍観者効果は起こりうる。個々人が自由意思で動いているはずの社会でも、ひょっとすると周りの人たちを仲間と考えがちな小共同体では、共同体内で問題が起きても「自分が動く必要はない」「自分は無関係である」と考え、そこで何も言わない人同士で共感性が高まって、傍観者効果がより顕著に起こるかもしれない。
 こうしたことは、ひとりひとりが気をつけることで、社会をよい方向へ持ってゆくことができる。
 SFコミュニティの人は、もともとふつうの人よりも「相対化」ができる人たちだと私は思う。その能力はあるのだ。自分が虫の視点にあることを意識した上で、その自分を相対化することはきっとできる。
 精神的にストレスが生じたとき、まず自分自身を相対化し、客体化することで、そのストレスとの連結を断ち切ることができる、という方法はよく知られている。
 メタ道徳の実践が大切だ。ジョシュア・グリーンは著書『モラル・トライブズ』で、実はこのメタ道徳の実践にもっとも有効なのはプラグマティズムだといっている。功利主義というといろいろ誤解も多いので、彼は「深遠な実用主義」といい直しているが、自分の幸福がより増えるように判断する、ひいては社会の幸福度が全体として上がるように判断してゆく、という考え方がメタ道徳には有効だと彼はいっている。SFコミュニティの多くの人は、この考え方にわりと賛同できるのではないだろうか。
 ここまでは、印象論から出発したからこそ、みんなで少しずつ実践できることになっている。しかしそれだけでは解決できない、個別の問題がある。

 あともう少し。最後に、人間の本性、人間の弱さについて。

(休憩。その13に続く)
posted by Hideaki Sena at 15:29| 仕事