2015年12月07日

日本SFコミュニティについて考えること(その8)

(その7からの続き)

【おたおた】

 いじめがあるというのなら誰がいじめているのか名前を出さないと意味がない、というご意見があるのだが、私は必ずしもそうだとは思わない。
 誰かをつるし上げたりする必要はないのであって、この文章の目的は、未来をつくるために、ひとりひとりができることがあるのではないか、自分もそれに参加できるのだ、という気持ちを持っていただくことである。戦争体験者が「戦争はいけない」と話をすることや、その体験談について私たちが耳を傾けることが大切であるのと同じで、いまは何という名前の上官や同僚からいじめに遭ったと告発することに意味はない。そこにあった事例から、自分の日常生活や身の回りのことと比較しつつ、次の一歩をどう踏み出すか自分自身で考える、ということが大切なのだと私は思っている。
 この考えはさほどねじれたものではないと思うのだが、意外とSFコミュニティ内部では伝わらないという印象がある。このような話をするより前に、そもそも場を混乱させたことのほうの罪が重い、という考え方があるようだ。このため話は平行線になりがちで、根本的な解決がなされないまま全員が疲弊して終わる、ということになってしまいかねない。
 ここから先はさらに進んで、精神性の話になってゆく。個別の例と全体の例をなるべく切り分けながら話を進めるつもりだが、「こういう印象、雰囲気があるのでは」と投げかけることもある。「おたく」の精神性、というものについて、社会道徳や脳倫理の観点から論じたケースはいままであまりなかったのではないかと思う。あまり先行例のない議論なので、書く方も非常に難しい。
 この文章における私の目標は、50周年記念プロジェクトと同じ、「未来を想像し、未来を創る」だ。イベントや書籍出版も大事だし、みんなで集まってわいわいと愉しむのも大切だが、SF社会をよりよいものにしてゆくのも、未来を創るということではないか。いざこざだとかどろどろだとかいうのではなくて、SFの人たちが率先して自分たちの社会を変えてゆけばいい。
 そのためにはそこにある精神性とはどのようなものであって、どこが困難であってどこに長所があるのかということを、ひとつずつ見てゆくことも必要だと私は思うのだ。
 なるべくときおり、緊張が解れる「抜け」の文章を入れるつもりだ。それがないと疲れてしまって、書く方も読む方も「自分には関係ない」と考えてしまいがちだから。「抜け」はあっても、問題提起と解決案はしっかりしたものでありたい。自分に文章力があることを祈ろう。

 最後の本論に入る前に、やや軽い話題をする。
 私の印象だが、SFコミュニティは緊張に弱い、ということがあるような気がする。後で述べようと思うが、何か議論が難しくなったとき、「騒ぎが起こった」という表現をしたりするが、本当にそんなに騒ぎが起こっているかというとそんなことはなくて、実際はコミュニティ内でおたおたしてしまうことが騒ぎそのものであったりする。ここは私の印象だと、SFコミュニティ最大の弱点であるような気がしていて、私たちみんなで充分に気をつけたいところなのだ。
 なぜこのようになるかと考えると、気質の話になってしまって慎重に書くことが大切なのだが、あえてまず直感的に言わせてもらえば、SFコミュニティの人の多くが共感性の高い人たちだからではないかと思っているのだ。さらに直感的に言うと、一般的な人がシンパシー3、エンパシー3くらいなら、SFコミュニティでよく発言したりする人はシンパシー4、エンパシー2くらいの感じがしている。ここは本当に印象の話だと思ってほしい。厳密にあれこれいえる話ではない。あえてこのような印象の話から始めるのは、それならこういう部分に気をつければいいのではないか、と言う話が納得しやすくなると思うからだ。即効性のある部分だからである。

(その9に続く)
posted by Hideaki Sena at 21:28| 仕事