2015年12月07日

日本SFコミュニティについて考えること(その5)

(その4からの続き)

 堀晃さんの『太陽風交点』(徳間文庫)の巻末に、小松左京さんと筒井康隆さんの連名による、日本SF大賞設立についての趣意書が掲載されている。すべてのSFファンはぜひこの文章を再読してほしいと思うくらいだ。どのような想いで日本SF大賞がつくられたのかが本当に熱く伝わってくる、とても素晴らしい文章だ。
 SFのプロたちが、本当に優れた作品を選ぶのだ、という気概が伝わってくる。当時の会員数は40数名だったようだ。そのほとんどから投票があった、と記されている。
 では近年の投票数はどうだろうか。私が会長だったとき、会員数は230数名だった。そのときようやく投票者人数は、広報担当や事務局の努力のおかげで、第一回のときと同じくらいに戻ったのだ。
 投票自体に不正はないと断言できるが、もやもやとした印象が残る大きな理由のひとつは、各会員の投票内容が明かされない、ということにあるのだろう。
 日本SF大賞の後に設立された顕彰では、たとえば本格ミステリ大賞のように、会員の投票内容がすべて公開されるものがある。たんにタイトルを挙げるだけはなく、投票コメントも書くことになっているようだ。本当はこのようなかたちならすっきりするのだが、日本SF作家クラブは投票内容を公開していない。私は会長だったとき、なぜ公開しないのかと聞いてみたこともあったが、会員のプライバシーに配慮するとかいった回答以外には、これといった明確な答えがなかったように思う。たぶん慣習でそうなっているに過ぎないのだと思う。
 だが実際に会長の立場になって投票を見ると、このままではとても公開できないな、と思ってしまったのも事実なのだ。多くの会員は何作も投票できるほど作品の読み込みもしていないのではないかと思えた(投票にコメントを書く必要はなく、タイトルだけ挙げればよかった)。スポンサーからお金を出してもらってこれか、というがっかり感は、確かにあった。
 なるほど、投票や選考の過程で不正はないかもしれないが、もう少しまともに運営できないのか、とは思った。これではスポンサーが離れていってしまうのも仕方がない、と感じた。
 もっとも、私だってきちんと毎年5作を投票していたわけではない。会長になる前は投票していなかったし、海外SFが好みの会員なら国内作品を5作挙げるだけでも大変だ。
 つまり、プロである会員たちに、まずSF作品に親しんでもらう、その仕組みを考える必要がある。少しでもその年の話題作を見たり読んだりしてもらうための雰囲気づくりが欠かせない。なんともはや、という感じだが、これが重要な課題であった。プロ作家はつくり手としてのプロなのであって、必ずしも読み手としてのプロではない。ここは小松左京さんの理想が高すぎたところなのかもしれない。

 一般からの信頼をより得てゆくためには、外部の視点へ開かれた団体であるとアピールするために、いずれは会員の投票内容を公開するシステムにするのがよいと思うが、私個人はあれこれいうつもりはない。
 少しずつ投票者数は増えてきているようで、よいことだと思う。選考システムも改善されてきているようであるし、SFファンは継続してよく見守りながら、ときに意見や要望もクラブに伝えながら、応援してゆけばよいと思う。

 実際の日本SF大賞は、たまたま著名な作家らが最終選考委員をやっていて、たまたま著名な企業がスポンサーについているというだけで、実態としては「○○町内会SF大賞」とさほど変わらない、ともいえる。だが多くの人は日本SF大賞をすごいものだと思っているし、新聞でも報道され、帯にもでかでかと煽り文が載り、多くの作家らはいまなお憧れを持っているはずだ。
 日本SF大賞を運営するなら、やはりクラブは責任ある団体としてふるまわなければならないのだと思う。クラブやSFコミュニティへの批判は燻っているがそれはごく一部の人のせいであって、大多数は無関係ですよ、と言う人がいるのはわかるが、そのロジックを日経「星新一賞」を受賞した小学生の前でいえるのだろうか。恥ずかしい団体として生きていけばいい、といった会員のコメントがTogetterにあったが、それは本当に親睦だけをおこなう団体の会員ならもっともな発言かもしれないが、開かれた側面を持ち続けたいのなら「恥ずかしい団体として生きていけばよい」よりも「少なくとも外から見られて恥ずかしくない団体でいよう」と言う方が、より多くのSFファンから賛同が得られるのではないだろうか。
 つまりここでも内部の視点と外部の視点の齟齬、ということが問題の根本にあるように思えるのだ。
 本当は、旧来のSFコミュニティとは無縁のSF顕彰やSF団体が世のなかにもっとあってもいい。いくつかの価値観が並存すれば自然と棲み分けもできてくるし、不満のガス抜きにもなるからだ。日経「星新一賞」はそのようになる可能性を秘めていたが、まあね、そのようにデザインするのはやはり難しかった。

 ここでまた休憩。もう少し続く。かなり疲れたのでいったん時間をおきたい。

(いったん休憩。その6に続く)
posted by Hideaki Sena at 01:53| 仕事